ボルボル HAJI と SAYA

ボルゾイ haji&saya のフォト日記

08月≪ 09月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

お疲れhaji

久しぶりに土曜と日曜2日連続でランに言ったhaji


日曜日、おもちゃで一緒に遊んだ、アトム君
06-12-19-1.jpg


土曜日の疲れもあってか、家に帰ってから爆睡するhaji 
この間、ご飯のときだけ起きて、しっかり食べていました 
06-12-19-2.jpg

06-12-19-3.jpg



そして、寝ている時のhajiの前足が・・・


haji助、なんの夢を見ていたんだろう・・・ 





このあとジルの事を書いた続きがあります。
読むのは辛いかも知れません。
こんな事まで書かなくても・・・と気分を害する方も、いると思います。

そんな方は、コメントを入れずにここで読むのを止めて下さい。
(注:コメントを入れると、必然的に続きが表示されてしまいます)

06-12-21.jpg


ちょうど1年前の12月18日 日曜日

朝の散歩も、食事も、何一つ変わらない1日の始まりでした。

14時頃、1度トイレをしに外に出る

17時頃、夕方の散歩に行こうとしても、行きたがらなかったジル。

家から出て10m程の所で、急に何かに怯えて後ずさりをするジル。

様子がおかしいと思い、急いで家に戻る。

その間ほんの2~3分の事なのに・・・

家に着いた時には、歩くのもよろけるように・・・。

急いで病院に連絡を入れる。

しかし、電話をしているこの時には、もう自力で歩く事が出来ませんでした。

病院へ行く車中でも、ヒィンヒン訳も無く鳴き、時々手足を動かし暴れます。

この時ほど病院に着くまでの時間が、遅く感じた事はありませんでした。

病院に着く頃には、体に力が入らず、いつもはパパさん1人で抱えられるジルの体が、1人では抱える事が出来ず、先生に手伝ってもらい診察室へ。

症状を先生に説明するも、その間にも徐々に状態が悪くなっていくのがわかります。

2年程前から痙攣発作を、たまに起こしていたけど・・・

とりあえずの血液検査の結果は、異常なし!

原因が全く分からないので、様子を見るため、即入院。

心配で心配でしょうがなかったけど、自分達ではどうする事も出来ないので、先生にジルを託して、帰宅しました。

19日に続く・・・
スポンサーサイト

コメント

ジルちゃん!残念ながら、生前に会う事はできませんでした。でも貴女の面差しは、アイネに重なり、私の心の中にはいつも、ジルちゃんが在ります。ジルちゃんのお陰で!ママのブログと私を近づけてくれました。hajiくんとアイネ・ボンにもつないでくれました。ジルちゃんは、自分をこれ程愛してくれた、そして自分も愛したパパとママの事を、いつも天国から、ありがとう!って、見つめてくれていると思います。

★ ボンママへ

コメント、ありがとうございます。

ジルちゃん、実は・・・男の子です(知ってたかな?)

物事の最期を書く人の、気が知れない!と、思う人がいるかも・・・
もう、ブログに遊びに来て貰えないかも・・・色々、考えた結果、自分の心を整理するために書きました。

読んで頂いて、ありがとうございました。でも毎日の様子を書いたので、21日まであります。気分が悪かったら、読むの止めて下さい。

hajiママさん,ジルちゃんの記事を読んで涙が止まらなくなりました。3年前のクリスマスに旅立ってしまったI・セッターのアリス,今でも私は彼女のことが忘れられずにいます。
言葉にすることでママさんの気持ちが落ち着くのならばそれでいいと思います。今まで時々ジルちゃんのことをブログで拝見していてどんなに大切にしていたのかを私なりに感じていました。
この後の記事もしっかり読ませていただきたいと思います。私の中の気持ちもそろそろ踏ん切りつけたいと思っているので・・・

★ 沙羅&凛ママ へ

沙羅ママもアリスちゃんで経験した事を思い出して辛いと思うのに、私の独りよがりの記事を読んでいただき、ありがとうございます。

いつまでもメソメソしてたら、笑われちゃいますもんね。

私も、最愛の愛犬を亡くしているのでお気持ち本当に解ります!
そろそろと思ったこともありましたが、納骨せずにまだ手元にあります!自分の気持ちとどう折り合いをつけるか、お好きなようになさったら良いと思います。悲しみは我慢するほど深くて苦しいものになってしまうから・・・!
私達が、こうしてお知り合いになれたように、もしかしたら、うちの子たちとジルちゃんもあちらで仲良くしているかもしれませんね?

★ 涙が・・・。

結末がわかっているだけに涙がポロポロとこぼれますv-406
でも、振り返る事は大切な事だと思います。
(ジルちゃんを忘れない為にも、今いる子達v-286を幸せにする為にも)
それにジルちゃんとの思い出は楽しかった事の方が多いはずv-219
だからこれからは、haji君と沢山思い出を作らなくちゃ・・・ですねv-410
そう、楽しい思い出をいぃぃぃっぱいねv-344
ママのv-286で良かったって思ってもらえるようにv-392

飼う時から分かってる、いつか来る別れ・・・
でも、何の前触れもなく突然だと中々心の整理もつかないですよね。
でも飛鳥ママさん同様、振り返って思い出す事は良い事だと思いますよ!!!
それだけhajiママさんがジルちゃんの事思ってたって事だもんe-266
思い出してくれたらきっとジルちゃんも喜ぶハズです!!!
思い出いっぱいで旅立ったジルちゃんは、きっと幸せいっぱいだったハズですよ(*´∇`*)

読みながら涙が止まりません。
私も、自分の気持ちを整理する為に書きました。
でも、忘れなくていいんだ。
ず~っと心の中にいていいんだ、と思います。
ジルちゃんはこれからもず~っとママさんの子なんだもの。
幸せだったはずだと思いますよ。

私は思い出して悲しくなると・・・我慢しないことにしてます。
いつかきっとまた会えると信じてます。

★ りこままへ

実は、ジルの遺骨も未だに手元に置いてあります。納骨しようかとも考えましたが、諸事情で家の建て替えをしなくてはならなくなるかもしれないので、保留になっています。
万が一、建替えなくてはいけない場合、建替え後に庭に埋葬したいと思っています。

こうして色々な方と知り合いになれ、助言を頂けるのは、とっても嬉しいです。
ありがとうございます。

★ 飛鳥ママへ

今は、ジルの時には作ってあげられなかったお友達を、hajiには、た~くさん作ってあげようと思っています。
今でも、ブログに遊びに来てくれるワンコ達(パパさん&ママさんだけど)は、hajiのお友達だと勝手に思っています。

★ hanaさん へ

そうですね・・・生き物には必ず寿命があるって事。そしてワンコは人間より先に逝くって事。

この時「大型犬の介護は大変で人間の方が倒れる」という話を聞きました。でも私は、このままの状態でも生きていてくれると思っていたので、なにがあろうと最期まで介護する覚悟を決めました。まさか、こんなに早く旅立つとは思いもよらずに・・・。

★ クワmama へ

自分の気持ちの整理を記事にするのはどうなんだろう?って思っていました。
こんなに何人もの方に、ありがたい言葉を頂いて、とてもありがたく思います。
クワmamaの状況では、心の整理に時間がかかると思います。お互い過去は振り返らないではなく、笑顔で振り返っていいんですね。いつか会えるその日のために・・・

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

hajiママ

Author:hajiママ
家 族:hajiパパ
☆ 我が家の大黒柱 ☆

jiru:ボルゾイ♂ 
 1995年 9月 1日生まれ
2005年12月21日 没
momo:Mダックス♀
 1996年10月 8日生まれ
2014年 9月 29日 没
pepe:Mダックス♂
 1997年 8月 4日生まれ
2010年 1月 5日 没
haji:ボルゾイ♂
 2006年5月 3日生まれ
saya:ボルゾイ♀
 2007年 7月25日生まれ
riku:Lチワワ♂
 2010年 3月20日生まれ
umi:Lチワワ♀
 2011年12月 3日生まれ

いくつになったの ver2

いくつになったの ver2

いくつになったの ver2

いくつになったの ver2

最新の記事
リンク
ブログ内検索